商品先物取り引きの基本的な仕組みと選び方

先物取引の仕組みというのは未来の決まった日に、決まった価格で売買をするという取引になります。
これは一体どのようなものなのかというと、現在1キロ100円の小麦があったとして安定した価格で売りたいと考える農家が1年後にも小麦を売りたいと考えた場合、先物取引を利用して売りのポジションを持つことになります。
逆に常に安定した価格で買いたいというパン屋がいた場合、同じように100円で買う契約を結びます。
(さらに…)