証券取引所での取引の流れ

証券取引所での取引の流れとしては、各証券会社からの買いの注文と売りの注文に応じて株価を変動させて、買い注文と売り注文の売買を成立させるようにしています。
買い注文が多い時には株価を上昇されて、売買を成立させます。
逆に売り注文が多い時には株価を下げて、売買を成立されています。
この取引所取引の売買においては、現代はコンピュータを用いて仲介をしている特徴があります。
そのため、証券会社からの大量の注文でも高速の売買が可能になっています。
レバレッジ活用がFXで儲けるカギ
むかしの取引所取引では人間である場立ちいて、証券会社からの注文を受けてから手でサインを送ることで売買を成立されていました。
(さらに…)