証券取引所での取引の流れ

Pocket

証券取引所での取引の流れとしては、各証券会社からの買いの注文と売りの注文に応じて株価を変動させて、買い注文と売り注文の売買を成立させるようにしています。
買い注文が多い時には株価を上昇されて、売買を成立させます。
逆に売り注文が多い時には株価を下げて、売買を成立されています。
この取引所取引の売買においては、現代はコンピュータを用いて仲介をしている特徴があります。
そのため、証券会社からの大量の注文でも高速の売買が可能になっています。
レバレッジ活用がFXで儲けるカギ
むかしの取引所取引では人間である場立ちいて、証券会社からの注文を受けてから手でサインを送ることで売買を成立されていました。

そのため、以前は一つの株式の取引を成立させるのにそれなりの時間が掛かっていました。
しかし、現在は高性能のコンピュータが導入されて、瞬時に株式の売買が成立できる時代になっています。
その結果、今ではヘッジファンドなどがシステムトレードによって秒単位で売買を繰り返すことが頻繁に行われるようになってきています。
しかし、システムトレードのプログラミングでは、一方向の注文に偏る傾向があるために株価が大きく変動してしまうことが起こっています。
このように市場のボラティリティが大きくなることで、個人投資家にとっては取引がし難い面が生まれています。
しかし、証券取引所では株価の1円未満の刻みの注文方法をやめるといった措置を取るなど、個人投資家にもメリットのある施策が取られるようになりつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA