コツさえ知れば意外と簡単!窓ガラスのお手入れ方法

Pocket

決行日は曇りの日がベスト

窓ガラスを拭く
窓ガラスを拭く

窓ガラスのお手入れをする決行日は、どんな天気の日が良いのでしょうか。

それは曇りの日となります。
適度な湿気で汚れが落ちやすいために、晴れた日よりも簡単に掃除をすることが出来るのです。

晴れた日は水分がすぐ乾くため、跡が残りやすいのです。

汚れもしっかりと落ちてくれませんので、湿気が少し残っているような日がベストとなります。

曇りの日だと暑さで熱中症になる心配もありませんし、適度な温度で長い時間掃除をしていても快適に過ごすことが出来るのではないでしょうか。
これからガラスの掃除をしようとお考えの方は、是非少し曇った日に決行してみると、簡単に汚れが落ちて楽に掃除をすることが出来るのではないでしょうか。
是非お試しください。

カラ拭きいらず。ちょっとした汚れには“半乾き”雑巾

ガラスの掃除をする時に、雑巾の状態をいつもの掃除の時と変えることで、とても掃除がしやすくなってしまう方法があります。

それが半渇き状態の雑巾です。
半渇き雑巾とは、雑巾を洗濯して干しておき、完全に乾いていない少し湿った状態となっていることを言います。
このような適度な湿り気のある雑巾で掃除をすると、拭き跡も残りにくいので綺麗にガラスを拭くことができるのです。

更に、ガラスも濡れずに綺麗にすることが出来ますので、改めてから拭きをする必要が無くなるのです。

たったひと手間で時間を大幅に短縮できますし、汚れも落ちやすく綺麗な状態をキープ出来ますので、半渇き雑巾はとてもお勧めです。
毎日の掃除に便利ですので、何枚か用意しておくと良いのではないでしょうか。

窓のお掃除に新聞紙が効果的な理由

“窓のお掃除をする時に、新聞紙を使用すると良いと聞いたことがある方は、多いのではないでしょうか。
湿らせた新聞紙で窓ガラスを拭くと、簡単に汚れを落とすことが出来て非常に便利なのです。
新聞紙にはインクの成分が含まれている為、油分を分解してくれるのです。

更にワックスの役目もありますので、雑巾でガラスを拭くよりも遥かに綺麗に仕上げることが出来るのです。
水も沢山使用する必要がありませんし、もう使用しない新聞紙を使用することで、リサイクルにもなります。

最後の仕上げは乾いた新聞紙で吹き上げます。
そうすることで、窓ガラスに跡が残りませんので、美しく綺麗に仕上げることが出来るのです。

学校などの沢山の人が集まる時の掃除などに使用すると、簡単で綺麗に拭くことが出来ますのでお勧めです。

洗剤を使う場合は、窓に直接吹き掛けない

窓ガラスの掃除を行う時に洗剤を使用する場合があります。
頑固な汚れが付いている場合は、洗剤を使用した方が綺麗に落とすことが出来ますのでお勧めです。

洗剤を使用する場合は、窓に直接吹き掛けない方が綺麗に仕上げることが出来ます。
なるべく雑巾の方にクリーナーを拭き掛けるようにすることで、液だれを防止することが出来ますし、余計にクリーナーを使い過ぎなく住むのです。

雑巾にしっかりと洗剤をしみ込ませることで、窓に洗剤を残さなくて済みます。
沢山の時間を使うことなく掃除を済ませることが出来ますので、雑巾の方にクリーナーを付けて窓ガラスを拭くことを心掛けて、拭いてみてはいかがでしょうか。

洗剤が飛び散って、綺麗にした部分を更に拭かなくてはいけない、ということも防げますので便利です。

使いこなせれば驚きの仕上がりになるスクイジー

“窓ガラスを拭くときに使用すると便利なのが、スクイジーです。
スクイジーとは、窓に付いた水を切る、車のワイパーの様な物で、T字型をしています。
使いこなすことが出来れば、驚きの美しい仕上がりとなりますが、注意点もいくつかありますので、扱い方には気を付けましょう。

まず、おうとつのあるものやスリガラスには不向きです。
更に、扱い方としてはT字の部分を窓にぴったりと張り付けて動かしていきましょう。

スクイジーの角の部分をガラスに当ててしまうと、ガラスを傷つけることがありますので、注意しましょう。

更に、スクイジーを窓ガラスに当てたら、一気に水を切っていきましょう。
途中でガラスからスクイジーを話してしまうと、汚水が垂れることがありますので、気を付けましょう。

仕上がりが本当に美しくなりますので、是非一度使用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA