浮気調査の豆知識:探偵契約時の注意点

Pocket

探偵事務所の数は、全国に5000社以上もあると言われています。
しかし、それだけの数があると、当然悪徳な業者も存在します。
現在では探偵業を営むためには、管轄の公安委員会に届出をしなければならなくなっています。
ホームページ等に「探偵業届出証番号」がきちんと記載されているかどうかは必ず確認しておきましょう。
浮気調査へ踏み切るにあたっての心構え
浮気調査で探偵契約を結ぶ時に注意しておかなければならないポイントの1つが、料金設定です。

浮気調査の料金相場は、1時間あたり1万円前後が相場となっています。
これよりもはるかに安い料金が設定されていたり、逆に高い料金が設定されている場合には怪しいと思いましょう。
浮気調査では結果が出ないと意味がないので、安すぎる料金である場合にも注意が必要です。
一般的に腕の良い探偵ほど報酬は高くなっています。

また、探偵契約時の料金の支払いが、後払いの成果報酬となっていたら、注意しておきましょう。
前払いの場合は事前に料金を払うので、だれもが料金をよく確認しますが、成果報酬の場合には「成果が出てからの話だから」とよく確認しない人が多くなります。
そこにつけこんで相場よりも高い料金を気にならないようにしている可能性があります。「成果が出ないと払わなくていいのなら安心だ」などと安心してしまうことも危険です。
後払いだとしても、一度契約書にサインをしてしまったら、それがどんなに高額であっても支払う義務が生じます。
探偵契約時を結ぶ前に、しっかりと「総額でいくら支払うことになるのか」を確認しておきましょう。
意味不明な料金設定をもちだされた場合には、高額な料金をごまかしている可能性が高いと見ておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA