ED(勃起不全)の予防法

Pocket

EDは専門医を受診しなくても自分一人で良好にさせられる予防法があり、中でも高い効果が得られるのが運動を日課にする事です。
運動した際人体の各部に張り巡らされている血管は通常時よりも拡張されるので、血管内を流れる血液の量が増えて勢いも高まります。
血液の勢いにより血管内に溜まっている老廃物が流れていきますし、血液の粘度が下がるのでEDを引き起こしている血液量の不足という問題が根本的に解決できます。
種類が増えつつあるED治療薬。どれを選ぶと、どのように良いの?
また、身体を動かすという事は筋肉を動かすという意味であるので、筋組織に刺激が加えられた結果男性ホルモンの量が増幅しEDが改善されます。

一言で運動と言っても有酸素運動と無酸素運動に分けられますが、EDの予防法と考えた場合は、まずはランニングやウォーキングといった有酸素運動に着手するのが最適です。
ランニングを行うのは心身ともに負担が大きすぎるという方は1日およそ30分間の散歩でも問題無く、背筋を伸ばししっかりと歩けば散歩も立派な有酸素運動になります。
一週間あたりの運動時間が3時間を超えた頃からそれまで悩んでいたEDに良い変化が感じられるようになりますし、まだEDに悩んでいないという方の場合は年齢を重ねても不調に陥らなくさせられます。
有酸素運動により血液量が増幅するので反応するまでの時間が短期になるのですが、時間が短くなった後に欲するのは硬さです。
硬さを向上させるのは有酸素運動では力不足なので、無酸素運動に切り替えてトレーニングをしていく事になりますが、効率的に訴求できるのはスクワットというトレーニングです。
スクワットは上半身を伸ばしたまま下半身を曲げていくという姿勢なのですが、太ももとデリケートな部位の筋肉は繋がっているのでスクワットを行えば太ももと同時にデリケートな部位も強くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA