中学受験の基礎知識:進学塾の活用法

Pocket

中学受験のために塾を活用するのは良い方法です。
普通の小学校の授業では中学を受験するときに出題される問題に対応できないので、塾に行って学校の授業を補うようにします。
いろいろな種類の塾がありますが、特に苦手な科目がなかったら、普通の中学受験のための塾に行けばよいでしょう。
中学校を受験する時の問題は子供の思考力を問うものが多く出されます。

単に知識を問うだけの問題は少ないので、思考力をつけてくれる所を探すのが大切です。
もう一つ大切なことは表現力です。
これは作文の試験などを通して問われることになります。
表現力を身に付けるのはやや難しく、時間がかかります。
自分の言葉で何かを表現するのは大人でも難しいですが、子供にとってはさらに難しいことがあります。
表現力をつけるための訓練を塾に入った時から行ってくれるところ選ぶようにしましょう。
苦手な科目がある場合は、個別指導の塾が好ましいです。
特に理科や算数を苦手にしている子供が多いですが、この2つの科目は分からなくなった箇所に遡って復習する必要があります。
集団の授業しかない所だったら、分からなくなった箇所まで逆戻りすることはできません。
個別指導を実施する所で、なるべく1対1で教えてくれる所が良いと言えます。
塾の中には集団の授業と個別の授業の両方を取り入れている所もあります。
そういう所に行けば、得意な科目は集団の授業を受けて、苦手な科目があったら、個別の授業を受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA