レーシック老眼治療

Pocket

年齢を重ねるとともに避けられなくなってくる老眼の症状。
それまでとは違った日常生活を送らなければいけなくなるため、ストレスを感じることもたくさんあります。
そのような老眼に、近年人気を集めている視力回復術であるレーシックは有効なのでしょうか。
老眼は眼の中でレンズの役割を果たしている水晶体が固くなったり、その水晶体を調節している毛様体の機能が弱くなることが引き起こす症状です。
近視などの治療に用いられるレーシック手術は、何らかの原因によって屈折異常が起きている角膜に対してレーザーを照射し、角膜の屈折率を矯正することによって視力を回復させるものです。

あくまでも角膜に対して作用する治療法ですので、老眼の原因となっている水晶体の硬化や毛様体の衰えに対して作用するものではありません。
ですから老眼治療に対しては、レーシックは効果がないということになります。
ただしレーシックを受けることによって老眼が治るわけではありませんが、近視は矯正することができますので、老眼と近視の両方に悩まされている人はその片方の症状だけでも改善することが可能です。
近視が改善されれば遠近両用のメガネなどが不要になりますので、レーシックにメリットがないわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA